東京にある深川不動尊は、人気の金運アップが見込めるパワースポットです。
また護摩焚きとしても、有名だそうですね。

江戸時代、江戸では歌舞伎役者がたいへん人気で、成田山の不動明王を市川団十郎が訪れて、お参りしたいと願っていました。
そして願いを叶えるべく、成田山本尊が深川にある富岡八幡宮内の永代寺で、出張開帳が執り行われることになり、これをきっかけとして深川不動尊ができたと言われています。

「護摩」とは人が抱いている煩悩を、不動尊で焚いている火で燃やし尽くして、祈願成就を祈る方法になります。
この護摩が焚かれる、つまり煩悩が燃やされる儀式で見せる僧侶のパワーは、最強なエネルギーであると言えるのではないでしょうか。